日本の芸術で、理解出来ない部分

昔、祖父の木彫りの像? のようなものを見て、古風なものに憧れた時がありました。
半分以上趣味で、そういうものをやるのも良いなと思っています。

日本の古くからの伝統芸術って、結構簡単で奥が深いという事で、更に、私の性格が渋いので、そういったものを、ずっときわめていたいと思う事があります。
誰かとつるんだり、師弟関係というより、半分趣味なので、適度に一人と友人でやっていたいくらいな感じでしょうかね。

とはいえ、日本の芸術って、師弟関係がないと続かない部分があるので、誰かに師事しないといけないのですが、私の中年になって、目下悩んでしまったのは、ニート歴がほとんどなので、礼儀だとか、暗黙の了解に対する理解が薄い所でしょうか。

ニートが思うのは、いくらお金を出して欲しい、こうなって欲しいという事を明確にして欲しいと、なんだか賄賂的に、お中元、お歳暮、なんとか料というのが、若い人共通で分からないのではないかと、私は思います・xn--zqs94lv5mpu2a1wbwxp12g.tank.jp